心を満たすということ・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
DSC03058

 先日、クライアントさんから

「根拠のない恐れ」

があるので、何とかしてくださいと相談されました。

根拠ない・・・・

医療現場で良く使われるものに「認知行動療法」がありますが、
その心理療法は始めに「認知」があって「感情」を作り出すという考え方です。

つまり

根拠のない恐れは ”ない” となります。

多分、「認知行動療法」Onlyのセラピストであれば、クライアントさんの「根拠ない」と表現している部分を無視して、意地でも根拠を探すでしょうね。

かつての私がそうでした。

しかし、どんな場合であっても、クライアントさんの話している内容が全てです。
例え事実と異なっているとしても、カウンセリング中だけは、クライアントさんの表現が全て正しいのです。

その人の心を扱うのですから、それでよい。

根拠がないというのですから、その言葉をそのまま大事に扱います。

で、実際に私はどんなセラピーを行ったかというと・・・

ただ、その「根拠のない恐れ」を感じてもらうだけです。

多分、何かのトラウマがあって、根拠が隠れているのかもしれないし、本当にないのかもしれない。
そこに眠っているものを「感じる力」を使って引き出していきます。

一人では中々難しいので、そこはセラピストである私が、お手伝いします。

ただただ感じてもらったら・・・

クライアントさんは、
「左脇腹にごちゃ混ぜの感情がある」
ことに気づきました。

それをずーっと、あることをしながら追っかけていったら・・・

クライアントさんの手が自然に、ミカンの皮をむくように動き始めました。

一枚一枚、丁寧に剥がすごとに、思考が剥がれていく。

今度は色々な感情が剥がれていく。

しばらくしたら、クライアントさんが何かぱーっと変わりました。

クライアントさんのイメージの中で突然、水晶のようなものが出てきたそうです。

みたことのない名前もつけられないものです。

そこから、2歳のクライアントさんの記憶が浮かびました。

何かミカンの皮をむくような手の動きを始めながら、楽しそうな表情を浮かべはじめました。

このミカンの皮をむく手の動きは、昔、小さい頃にやっていたな~

そんなことをぽろぽろと話始めてから間もなくして、クライアントさんが

「あー、そうかー」

と確信に満ちた声を上げました。

ただ楽しいから、その動作をやっている。

その楽しい気持ちをカタチにしたくてその動作をやっている。

その『楽しい』を世の中に発するために やっているんだ!

それに気づいたとき、クライアントさんから深い涙が流れました。

「私は、自分のカタチにならない思いを表現したくて、画家になった。
でも、その大事な思いは、中々他人には分ってもらえない。
怖くなって、その大事な思いを、いろんな思考や感情で覆い隠していた。
そしたら、いつの間にか根拠のない恐れだけが鎮座して、絵が描けなくなってしまった。」

「今、

『ただただ、
  楽しいという気持ちを表現したい』

この感覚を思い出しました。」

こんな大切な思いを、実際にその場で見ることが出来て私もただ感激しました。

芸術家の方って、本当に命を削って作品を作っています。

そこに表現されるものは、 「存在以前の輝き」 です。

そんな素敵なものをカタチにしている
芸術作品は、魂が震えるほど感動します。

本物の芸術に触れたくなりました。

心を満たすって、こういうことなだなーと、このクライアントさんから学んだできごとでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る